知りたい!高校留学のすべて

MENU

高校留学のメリットとデメリット

高校留学のメリットとして挙げられるのは、国際感覚や自立心を身につけることが出来るということ。
大学留学の場合には、自分が勉強したい科目があるからという理由で留学する人も多いでしょう。

 

高校から留学する場合には、語学習得の目的はありますが、
人間的成長を期待して留学させることが多いようです。
というのも、高校生という子どもとも言えず、大人とも言えない
中途半端な年代だからこそ身につけられる経験というものがあるからです。

 

また、現地の人からみると高校生はまだまだ子ども。
大学留学の場合と違って、
高校留学の場合にはホストファミリーも気を遣ってくれますし、
周囲が優しい目で見守ってくれる事が多いので、
送り出す日本の親御さんとしても安心感があります。

 

 

メリットが多い高校留学ですが、デメリットとなりそうな要素ももちろん含んでいます。
まず、費用がたくさんかかるということ。
年間で400万円程度が平均といったところでしょうか。
大学生や社会人などが働きながら語学留学するというケースがありませんので、
それだけの費用を支出できる家庭のお子さんに以外は現実的には無理でしょう。

 

また、現地の手厚いサポートが期待できるといっても、
外国に一人で生活が出来るのかどうかといった不安もあります。
将来的なプランも考えて留学させる必要も場合によってはあるでしょう。
大学留学と違って、高校留学は日本ではまだまだ経験者が多くありあせん。
自分が進みたい大学に入学する際に、
高校留学経験がデメリットとならないかなど事前調査は怠らないほうが良いでしょう。

更新履歴